背中ニキビ撃退法 お風呂に気を付けて

背中ニキビは、皮膚の毛穴に皮脂や汚れがつまり、そこに菌が棲みついて炎症を起こすことで悪化します。清潔を保つことが大事になるのです。ですが、現代の清潔は「清潔であって清潔でない」という事を皆様御存知でしょうか。

どういう事かと申しますと、清潔を重んじるあまり、皮膚に傷をつくってしまいかえって菌の増殖を、促している方が多いのです。その代表格がお風呂です。 皆様熱い40度以上のお風呂に入ったりシャワーを浴びたりなさっていませんか。気持ちがよいのですが、皮膚には良くはありません。熱で皮脂が落ちて肌が傷つきやすくなってしまいます。出来たら38度ぐらいのお湯に、ゆっくりつかる方が肌にも良いですし、睡眠もとりやすくなります。

また、体を洗うものの素材。ドラックストアや、化粧品店であかすりやへちまたわし、スポンジなどが出ています。ごしごしこするタイプのものは、角質が出る部位ならいいのですが、背中など傷つきやすい部位を洗うのには向きません。柔らかい素材の軍手やタオルに泡をたくさん含ませてそっとなでるだけで実は充分に洗えているのです。

お風呂に関して私が固まることがあります。皆様バスタオルや体を洗う道具は毎回洗って干してらっしゃるでしょうか。洗わない方が多いのですが、湿っていて高温のお風呂ではカビや菌がすごい勢いで繁殖しています。拭くごとに菌をなすりつけているのも同然ですので出来たら洗いましょう。除菌スプレーで死なない菌も多いので気をつけましょうね。