背中ニキビ撃退法 化粧品はパッチテストを

背中に出る湿疹は背中ニキビの他にアレルギー性の皮膚炎などもあります。ニキビと他の皮膚疾患は、相関性があります。

やはりアレルギーがある方の方が背中ニキビの発生率が高く、中々治らないようです。アレルギー体質は一定の率で遺伝しますので、親御さんが皮膚疾患に悩む方は要注意だと言われています。

私たちは、何の気なしにシャンプーや、毛染め剤、石鹸、バスジェルなど化粧品を使っています。しかしその中には、鉱物油やシリコンなど皮膚人炎症を起こす可能性の有る物質が入っています。自然派なら安全と思う方もおいでかもしれませんが、柑橘系の精油など光毒性、日光にあたると皮膚を傷つける性質を持つ天然素材は沢山あります。湿布薬でかぶれる方も多いですよ。入浴中に背中に液剤が流れてしまいますと、皮膚が痛む結果となってしまうことがあります。

でもまさか、髪や体を洗わないわけにはいきませんね。そういう場合は試供品を買ってパッチテストをしてみましょう。二の腕など日に当たらない部位に塗って上に絆創膏を貼り、48時間置いてそこの部位の変化をみます。赤くなっていたら使用を止めましょう。 また新しい化粧品の使用は、体調がいい時にするという事を心掛けてください。肌の状態が悪いとアレルギー反応が強く出る可能性があります。

肌が弱い方は皮膚科医に相談してから、化粧品や医薬部外品を使用して背中ニキビの撃退をはかりましょう。あまり無闇な美容法は後々良くありませんよ。